住宅ローンを組むときの年収は?

住宅ローンとは、その名の通り住宅を購入する為の資金を、金融機関から借り入れる事を意味しています。
この住宅ローンを組む際に、気になるのが年収の何倍までのローンを組んだら良いのかと言う事です。
一般的な金融機関では、返済比率から計算して年収の7倍程度が借入金額の上限とされています。
つまりその家庭の年間の収入が500万円であった場合は、3500万円までの借り入れが出来ると言う事になります。
しかし、これはあくまでも金融機関の限度額となっているので、実際に生活を送り、老後の資金などの貯蓄もしながらの返済となると、年収の5倍までの借り入れが負担が少なく理想的であると言われています。
最近では、金融機関のサイト上で借り入れ可能額のシュミレーションを行う事が出来るので、ローンの申し込みを行う前に利用してみるのもお勧めです。
また、住宅ローンの返済は長期間に渡る場合が多いので、なるべく金利が低い金融機関を選ぶ事も重要です。
住宅ローンは年収の何倍まで?借入れ額の目安は?【審査に通る収入割合】