住宅ローンを組んでもらえる年齢は何歳から?

いくら収入や返済能力があっても、ある程度の年齢に達していると住宅ローンを組んでもらえない可能性が高まります。
そのボーダーとなるのが45歳です。
この数値は住宅ローンを取り扱っている会社から得られた平均的な数値で、最高でも45歳を越えると返済が難しくなる一つの目安にもされています。
よって審査落ちた理由で「年齢制限に引っかかった」という事も場合によっては考えられます。
住宅ローンを組む事は莫大な金額を借入する事になります。
つまり歳を取ると返済期間に負担がかかる事になるため、その返済負担がギリギリ大丈夫と言われるボーダーが45歳となるわけです。
よって無難に住宅ローンを組みたい人は、最低でも40歳までを一つの目安としておくと余裕が持てて良いでしょう。