プロバイダー規制ってなに?

【転送量を規制しているプロバイダーがある】大手プロバイダーのほとんどはダウンロードやアップローの下りや上りの転送量に制限を設けています。
したがって1日の総データ転送量が15ギガバイトを超過するとユーザーに対して警告のためのメールが送られてきたり、また場合によっては契約を強制解除されることもあります。
大手プロバイダーはデータ転送量が多い時間帯には制限をかけるために、データ転送速度を落とすなどの方法を採っているようです。

こうした大手プロバイダーに対して転送量の規制が比較的緩いプロバイダーもあるようです。
その一つは西日本エリアを対象にしている山口県に本社がある「ブロードネット」です。
このプロバイダーは余程の問題がない限り転送量に規制をかけていないようです。
これと逆にいま国内でもっとも規制が厳しいプロバイダーは「BIGLOBE」だと言われています。