最近光回線業者が高齢者を強引に勧誘する事件があります

近頃、光回線業者が高齢者の家を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光ネットの契約トラブルが増えています。
こういったことを受けて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光ネットの契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明確にしました。
ワイモバイルは最低でもランニングコストが3000円程度かかりますが、2台以上使っている場合には、500円のディスカウントという特典があります。
その上、解約金がかからなかったりと、二台目からの契約がお得になります。
ですので、これ以降は、au、docomo、softbankの代替として、広まっていくと思われます。
どこの光ネットにしたらいいのかわからない時には、おすすめサイトを参照すると良いと思います。
色々な光ネットを扱っている会社を検討してくれているので、その中から自分の環境にあうものを取捨すれば良いでしょう。
得するような情報も見つけることができるでしょう。
wimaxデータ通信なら、速度の制限がないので仕事でPCを使っている方でも案じることなく使用可能だと感じています。
パソコンでネット通信する時は、スマーホフォンなどのモバイル端末に対して、ページ容量も多くたちまち通信量が上がってしまうので、通信制限なしは嬉しいです。
ソフトバンク系列の安い通信会社も同様に、途中で解約する際に、違約金が発生するのでしょうか気になります。
これは、ワイモバイルとの契約時のプランによって変わってくるようです。
契約内容により2年未満か3年未満の解約で9500円もの解約金が発生します。
契約の際は、慎重にプランを選んだ方がよいでしょう。

http://xn--54qx9k05bqy4ds4a.skr.jp/