クレジットカードで公共料金払ってポイント貯めちゃお!

万が一の時に持っていると安心なクレジットカードはカードを取り扱っている会社が沢山あるのでどこでカードを作ってよいか迷ってしまうという方が大半でしょう。
そんな時参考にしたいクレジットカードの選び方はカードの金利や年会費等を見比べてみる事です。
年会費がかかるカードを作りたくない場合は年会費がかからない楽天カードなどのETCつきクレジットカードを。
キャッシングをETCカードでも人気のクレジットカードでする予定の方はキャッシング時の金利が低いカードがお勧めです。
クレジットカードは買い物の支払い時に現金を取りだす必要なく支払いが出来るのでとても便利なカードです。
そして、買い物の支払いだけでなく電気・ガス・水道もクレジットカードを使って支払いが可能です。
カードを使って公共料金を支払うと知らない間にカードのポイントが貯まっていたりするのでそれが目的で支払いをクレジットに指定される方もいらっしゃいます。
が、クレジット支払いを選択すると口座振替時とは違い月額の割引が無くなってしまう場合もあります。
クレジットカードは、商品やサービスを購入したり飲食をする際にお金を使って支払う必要がなくなります。
16桁の数字やICチップ、バーコードで発行元や提携ブランドなどが分る仕組みになっています。
ETCカードで使ってもポイントがつくのでおすすめです。
ユーザーが利用することで売り上げになりますが支払回数2回までは金利手数料がかからないことはあまり知られていません。
売り上げにならない利用があった場合はどこから利益がでているのか不思議ですね。
実は加盟店からも個々の商品に対して手数料を徴収しているので支払回数に関係なく収益があがるシステムなのです。

小田急ポイントカードの審査基準は?OPクレジットを調査【年会費は?】